アンダーヘア(Vライン)の自己処理でチクチク「かゆみ」がでたときの対処法!原因や正しいお手入れ方法もレクチャー

アンダーヘア(Vライン)の自己処理で「かゆみ 」がでた経験がある人は多いと思います。

チクチクしてどうしようもない「かゆみ」を今すぐにでも解消したいという人の為に、

  • 応急処置や対処法
  • 「かゆみ」がでる原因
  • 正しいお手入れ方法

についてまとめています。

アンダーヘアのチクチク「かゆみ」今すぐ解消できる応急処置・対処法

アンダーヘアのチクチク「かゆみ」を解消できる応急処置・対処法を4つ紹介します。

  • 刺激を与えない
  • 冷やす
  • 保湿する
  • 清潔に保つ

刺激を与えない

アンダーヘアを自己処理した後は、些細な刺激でも敏感に反応してしまいます。

例えば、初めて使用するコスメでお肌が荒れてしまう人がいますが、普段と異なる条件にお肌が刺激を感じ敏感に反応してしまうんです。

アンダーヘアを自己処理した後のお肌も同様で、普段とは異なる状態にお肌が敏感になっています。

敏感な状態のお肌に大きな刺激を与えないように、摩擦やムレのないようにしましょう。

冷やす

お肌を冷やすことで感覚が鈍感にり、「かゆみ」が軽減されると言われています。

また、体温が高い状態やムレている状態は汗をかきやすく、お肌に「かゆみ」が生じやすい状態です。

特に自己処理をした直後に汗をかくような事は控えるようにします。

そして、冷たい水を染み込ませたタオルや氷嚢などを過度に冷やさないように注意して肌に当て冷やしましょう。

保湿する

お肌が乾燥すると「かゆみ」が生じやすくなります。

特にアンダーヘアを自己処理した後はお肌の表面のバリアが無くなり乾燥しやすい状況です。

低刺激性の保湿剤を用いて、乾燥しないように保湿をしましょう。

清潔に保つ

アンダーヘアを自己処理した後などのお肌が敏感な時に、アンダーヘアや陰部の状態が清潔に保たれていないと、「かゆみ」が起きる場合があります。

清潔に保つためには、念入りに洗いたいところですが、お肌に刺激を与えないように注意が必要です。

使用するボディーソープを低刺激性にしたり、泡立てて泡でこするようにしたり、刺激を与え過ぎないようにケアしましょう。

なぜ「かゆくなる?」アンダーヘアの自己処理で「かゆみ」がでる原因

かゆくなるという事は、お肌が異常を知らせるサインを出しているという事です。

アンダーヘアの自己処理で「かゆみ」がでる場合の原因について、自己処理の方法別にまとめていきます。

カミソリで自己処理して「かゆみ」がでる原因

  • 伸びてきた毛がチクチクし「かゆみ」がでる
  • お肌のバリアが無くなり刺激を受けやすい
  • シェービングクリームが肌に合わない

カミソリで自己処理して剃られた毛の断面は鋭く、伸びた時にチクチクして「かゆみ」を感じる場合があります。

また、カミソリで剃った時にお肌の表面のバリアが無くなり乾燥しやすくなっているため「かゆみ」を感じやすい状態です。

カミソリで自己処理する際にシェービングクリームを利用する人は多いと思いますが、シェービングクリームがお肌に合わず「かゆみ」がでる原因になる事もあります。

電動シェーバーで自己処理して「かゆみ」が出る原因

  • 電動シェーバーの刃の劣化
  • 電動シェーバーの刃の清潔さ
  • シェービングジェルが肌に合わない

電動シェーバーはカミソリに比べると取り替える頻度が少なくなりがち です。

電動シェーバーは比較的長期間利用するため、刃が劣化した状態で使い続けたり、刃を清潔に保てていないまま使用する事が起きます。

切れ味の悪い刃のままシェービングして肌に刺激を与えたり、傷付いた部分に刃についていた雑菌が悪影響を及ぼし、「かゆみ」が出ることに繋がるのです。

除毛クリームや脱毛ワックスで自己処理して「かゆみ」がでる原因

  • 除毛成分により肌に刺激がある
  • 肌へのダメージが強い
  • 成分が肌に合わない

除毛クリームで自己処理をすると、毛の主成分であるケラチンタンパク質が分解され、同時に皮膚のたんぱく質にも影響がある場合があります。

脱毛ワックスで自己処理をする場合、肌に強い刺激を与えてしまい「かゆみ」に繋がる事があります。

除毛クリームや脱毛ワックス自体の成分がお肌に合わない事で、「かゆみ」がでる人もいるので含まれる成分の確認が必要です。

脱毛器で自己処理して「かゆみ」がでる原因

  • 誤った使用により肌に刺激
  • お肌への刺激が強すぎる
  • 脱毛器の清潔さ

脱毛器は正しい使い方で脱毛を行わなければ、最悪の場合やけどになってしまう恐れがあります。

また、脱毛器の強度によってはお肌への刺激が強すぎる場合があり、お肌に刺激を与えて「かゆみ」がでる原因になるのです。

同じ脱毛器を長期間使用し続けると、清潔さを保つことができなくなり、繁殖した菌などで炎症や「かゆみ」がでる場合もあります。

チクチク「かゆみ」を防ぐには?アンダーヘアの正しいお手入れ方法

前章で、「なぜかゆくなる?アンダーヘアの自己処理で「かゆみ」がでる原因」について、自己処理の方法別にまとめました。

そこで、「かゆみ」を防ぐ、正しいお手入れ方法について紹介していきます。

カミソリを使った正しいお手入れ(自己処理)方法

  • シェービングクリームで刺激を低減
  • 自分の肌に合ったシェービングクリーム選定
  • 処理後にクールダウン

カミソリを使ってアンダーヘアのお手入れをする場合、お肌に強い刺激を与えてしまわないように、シェービングクリームを使用しましょう。

また、お肌を蒸しタオルなどを用いて温めてから行うと効果的です。

そして、シェービングクリームを選ぶ時は自分の肌に合ったものを選ぶことでより低刺激なシェービングができます。

肌荒れしやすいお肌の人抗炎症成分が配合されているシェービングクリームを選ぶ
乾燥しやすいお肌の人保湿成分が配合されているシェービングクリームを選ぶ
オイリー肌の人殺菌成分が配合されているシェービングクリームを選ぶ

カミソリでアンダーヘアを処理した後は、冷やしたタオルや氷嚢でクールダウンすると良いです。

電動シェーバーを使った正しいお手入れ(自己処理)方法

  • 電動シェーバーの刃の劣化や清潔さを確認
  • 自分の肌に合ったシェービングクリーム選定

電動シェーバーでアンダーヘアのお手入れをする場合、刃に劣化が無いか、また刃が清潔であるかの確認をしましょう。

電動シェーバーの刃に劣化があるまま使用すると、切れ味が悪く、肌に強い刺激を与えたり、お肌を傷つけてしまう事があります。

また、カミソリに比べて長期間使用するケースが多く、お風呂などの雑菌が繁殖しやすい場所に保管されている事が多いので、衛生的にお肌へ悪影響を与える可能性があります。

定期的に電動シェーバーの刃を交換しましょう。

そして、お肌への刺激を抑える為に、自分の肌質に合ったシェービングクリームを使用してください。

肌荒れしやすいお肌の人抗炎症成分が配合されているシェービングクリームを選ぶ
乾燥しやすいお肌の人保湿成分が配合されているシェービングクリームを選ぶ
オイリー肌の人殺菌成分が配合されているシェービングクリームを選ぶ

除毛クリームや脱毛ワックスを使った正しいお手入れ(自己処理)方法

  • 使用方法を厳守する
  • パッチテストの実施
  • 処理後に保湿する

除毛クリームや脱毛ワックスでアンダーヘアのお手入れをする場合、アンダーヘアに使用できる製品なのかどうかを確認しましょう。

アンダーヘアなどの敏感な部位には使用できない商品もありますので注意が必要です。

また、アンダーヘアなどの敏感な部位に使用できたとしても、パッチテストを必ず行い、お肌に「かゆみ」や赤みなどの症状が出ないか確認してください。

そして、除毛クリームや脱毛ワックスでアンダーヘアのお手入れをした後は、お肌が乾燥している場合が多いので、低刺激性の保湿剤でしっかりと保湿しましょう。

脱毛器を使った正しいお手入れ(自己処理)方法

  • 使用方法通りにお手入れする
  • お肌にダメージがある場合は控える

脱毛器でアンダーヘアのお手入れをする場合、脱毛器の使用方法をよく読み正しくお手入れしましょう。

脱毛サロンや医療脱毛で受ける事ができる施術に比べて、家庭用の脱毛器はパワーが弱いです。

そのため長時間のお手入れになりがちで、お肌に「やけど 」などの症状がでる事があります。

また、脱毛器でお手入れする前に、アンダーヘアを短くシェービングしますが、その際にお肌に傷や強い刺激を与えてしまっている場合、脱毛器を照射した時に痛みを感じたりお肌を傷つける事があるので注意が必要です。

4つの自己処理方法のデメリット

アンダーヘアの自己処理方法を4つご紹介しましたが、正しくお手入れしたとしてもそれぞれデメリットがあります。

自己処理方法デメリット
カミソリ肌荒れの原因。黒ずみや埋もれ毛になる
電気シェーバー黒ずみや埋もれ毛になる
除毛クリーム刺激が強く肌荒れや痛みが生じる場合もある
脱毛器火傷のリスクがある

また、4つ全ての自己処理方法は、処理した毛が伸びれば永続的にお手入れをしなければいけないので、「かゆみ」の根本解決はできません。

デリケートな部位であるアンダーヘアをデメリット無くお手入れしたいのであれば、VIO脱毛をおすすめします。

悩みを根本から解決するにはVIO脱毛するのが一番おすすめ

アンダーヘア(Vライン)の自己処理でチクチク「かゆみ」がでたときの対処法や原因、正しいお手入れ方法について解説をしました。

アンダーヘアは他の部位よりもお肌が敏感で、刺激を受けやすいので「かゆみ」がでやすい部位です。

刺激を受けたお肌は、「かゆみ」や痛みを感じてしまいます。

そこで、自己処理で起きる「かゆみ」を根本的に改善するのにおすすめなのがVIO脱毛です。

VIO脱毛 すると、毛が生えなくなるので 、チクチクとした「かゆみ」から永続的に開放されます。

VIO脱毛の施術時も、痛みや刺激を最小限に抑える事ができるので安心です。

痛みに不安がある方は事前のカウンセリングで専門スタッフに相談をすることで、施術に休憩を挟むなどの対策をしてくれます。

VIO脱毛で「かゆみ」とおさらばし、つるすべ肌で美しいアンダーヘアを手に入れましょう。

アンダーヘア(Vライン)の自己処理でチクチク「かゆみ」がでたときの対処法!原因や正しいお手入れ方法もレクチャー
トップへ戻る